スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
夫いちご

夫のいちご。全120株。
それはもう、物凄い量が毎日収穫できるのです。
ここは何屋かと思うほどです。
それで食べきれずに腐らせてしまうこともあるのです。
ごめんなさい。

だけどもいちごはとても甘くて、とてもおいしいのです。
タイセイもタイチも畑に行って、そのままいちごを捥いで、むしゃむしゃ食べて、
服を真っ赤にして戻ってきます。
私ももちろん畑でそのままむしゃむしゃ食べます。
夫が作るというのは、本当にそれだけで安心です。

それで、いちごのおやつをいろいろ探しています。
中でもいちごのプリンは、すぐに出来るので、とても手軽です。
いちごのムースは東京の義姉にレシピを聞いたのですが、
どうもいちごの量が多すぎたため、固まらず、
結局シャーベットになりました。

それにしても「捥ぎたていちごでデザートなんて。」と、
いつもにやにやしながら作っています。



庭・畑 comments(0) -
バージョンアップ


桜もいよいよ本番で、めきめき春めいてきました。

実家から帰ってきたら、夫が庭にウッドデッキを作ってくれていました。
行く前には何も無かったのに、帰ってきたら、「バーン」と作られていたので、
とてもびっくりしたのです。
二段になっていて、かなり本格的な造りです。

今はここに座って庭の花を眺めたりしています。
夏になったら、子ども達の水遊びに付き合ったりもしようと思います。
すぐ横のダイニングからの景色も少し違って見えるし、
テーブルを出してご飯を食べたりできそうです。
夕方には本を読んだり。
子ども達はここでおやつを食べたりしています。



いろいろな花も咲いてきて、ウキウキします。うれしいー。
庭・畑 comments(0) -
緑に
 

庭の様子。
去年植えた沈丁花が満開です。
去年より少し大きくなった木に、去年よりたくさん花をつけました。
うれしい。
アジサイやバラもどんどん新芽を伸ばしています。

という訳で、眼鏡にマスクで草を抜いたり、あちこち植え替えたり、
去年お行儀が悪く不恰好になった植物の切り戻しなんかをしました。

畑では夫が大切に育てている苺がぐんぐん葉を伸ばしています。
夫のお父さんの春菊や大根やねぎにブロッコリーも、大きく育っています。
マメ達もぐんぐん葉を伸ばし、暖かさを満喫しているように見えます。

やっぱり春は良いなあ。
花や野菜や果物、色とりどりです。光もぐんぐん強くなって。
色とりどりって、体の中から、とてもウキウキする感じです。

子ども達が、夫が、健康でありますように、と植物達に願います。
庭・畑 comments(0) -
静かな庭


セージが花盛りです。秋の庭。
それから、はじめてオリーブの木に実がなりました。
たくさん生るのだと思っていたのですが、強風に煽られる悪環境の中
実をつけたのはたった二つ。
オリーブオイルだとか、オイル漬けだとか作ってみたかったのです、実は。
来年はもっと生るといいのだけれど。
あとはあちらこちらでバラがポツポツと。
春のように生き急いだ咲き方はせず、秋は長いこと花が楽しめます。
じゃんじゃん咲かなくても、ぽつりぽつりとじんわり咲いてくれる方がやっぱりいいなあ、と思って見ています。
なんとなく、花はあるのに、そして夜は涼しげな虫の声がするのに、静かな感じの秋の庭です。
一人の時には、じいっと時間をかけて眺めています。
庭・畑 comments(0) -
いまやピーク


ここのところとても涼しいので、
暑かった時に考えるのをやめていたことを考えたりしています。
やらなければならなかったこともボチボチ進めています。

まずは庭のこと。
ラベンダーが伸び放題だったのと、バラも鬱蒼としていたので
剪定して随分すっきりしました。
だけどもその伸び放題だったところにいろいろな虫が住んでいて、
容赦なくばっさばっさとやる私から逃げていました。
ミニバラにもクモが住み着いていたり、いろいろな生活空間が出来上がっていました。
バッタなんかはもう10匹以上出てきたのですが、
可哀相に全部タイセイに捕まっていました。
慌てふためく住人をよそに、どんどんどんどんスッキリさせました。
ごめんなさいねー。
だけどもこんなにたくさんの虫達と暮らしていたなんて。
庭も含めたらなんと大家族な我が家でしょうか。
この季節は、我が家の生存個体数がピークになる時と言えそうです。
全部私が育てているような気持ちになってちょっと嬉しくなってしまいます。
庭・畑 comments(4) -
愛しのニンジンボク


去年購入した「ニンジンボク」の苗が随分大きくなりました。
庭を作り始めてから、シンボルツリーの「エゴノキ」を植えたり、
サブシンボルとして「オリーブ」を植えたりしたのですが、
本当に赤ちゃんの苗から育てているのはニンジンボクが最初です。
大きくなるといいのだけれど。

去年はまだ庭がまだ半分くらいしかできておらず、花壇も少ししかありませんでした。
それで、ニンジンボクを鉢に入れていたのですが、
秋くらいに誤って鉢を倒してしまい、それからみるみるうちに葉っぱがなくなり、
もうダメかと思いました。

それでも冬のうちに芽をつけて、春になったらぐんぐん葉や枝を伸ばし、
20cmくらいでガリガリだったその姿も、ボリュームを増して
今ではこんもりと60cmくらいの丸々とした木になりました。
3mくらいになって欲しいなあ、と頼もしく眺めています。

花だけ観て完全にノックアウトで、即購入しましたが、
その蕾(写真)に顔がほころんでしまいます。
なんて可愛らしい。毎日頬を緩めて貰っていますよ。


  ←花はこんな感じです。ふふー。
庭・畑 comments(0) -
庭のバラ

庭のバラが今最盛期です。
上写真はピエール・ド・ロンサール。




左:ミニバラ、名前が分からないのですがディープカップで可愛らしいのです。
中:つるアイスバーグとバレリーナ。この一角がまさに最盛期です。
右:フレンチレース。乳白色があたたかいバラです。




左:テディベア。咲く寸前の色は筆舌に尽くしがたいのです。
中:つるサマースノー。葉の色が優しくて、花も多いので、目立つところに植えています。
右:名前を忘れてしまいましたがミニバラよりも小さいバラです。たくさん花がつきます。


最後に日陰に植えてしまったのに、とても花つきの良いバラです。
名前がなんだったか思い出せないのです。
追記:このバラの名前。ザ・シェパーデス、でした。
庭・畑 - -
バラはまだですが、庭も畑も色とりどりになってきました。

ハナミズキ


ミニバラ


エゴノキにも蕾


マーガレット


ブルーデージー





畑では苺が着々と色付き、スナックエンドウが毎日たくさん実をつけます。
そら豆も花が終わり、徐々に大きくなってきています。

庭・畑 - -
庭と畑

↑鉄瓶。大切にします。

日々の生活に追われて、随分心も戻ってきました。
春はいろいろと切ないなあ、と思いながら、庭で花を眺めています。
芝生の緑も随分と生え揃い、バラの新芽はどんどん成長し、
ラベンダーもたくさん花を咲かせて、エゴノキも随分緑が増え、
ハナミズキも新しい芽を伸ばし始めました。
私はそれを見て「よし、よし」と思いながら、ハーブの苗を買ってきて植えました。
まだまだ花壇はガラガラです。
もう少し背の高い植物が必要な気がします。

畑では夫お父さんがブロッコリーをいよいよ引き抜いて
新しい畝を作っています。
そこにきゅうりや茄子を植えていました。
枝豆もたくさん豆を蒔くのだそうですよ。
私はその横にトマトとミニトマトを植えさせてもらいました。

はっさくもどんどん新芽を伸ばし、
いちごも、苗がぐんと立ち上がって花をつけ、
玉ねぎもスナックエンドウもおじいちゃんのそら豆も、
みんなみんな元気です。

子ども達は元気に跳ね回り、
私はそこで怒ったり笑ったりしています。
庭・畑 - -
パーゴラ


私の体調をよそに、庭の緑はぐんぐん伸びています。
花壇もついこの間ようやく出来上がったので、
夫が南側のバラのためにパーゴラを建ててくれました。
すごく大きくて、とても嬉しいのです。
ここにはポルカを絡ませようと思っています。

だけどももしかしたらポルカだけでは勿体無いほどの大きさかもしれません。
そうしたら、モッコウバラも植えたいなあ、と思っているのです。
ポルカも今年は地面に下ろしたので、思う存分花をつけてくれたらなあ、と思います。

写真左はパーゴラの基礎
写真右は完成したパーゴラ
ダイナミックな出来で、とてもうれしいです。いつもありがとう。
庭・畑 - -
| 1/5 | >>