スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
それなりに

気球に乗りました。夏の一族旅行にて。


8月の終わりから2学期も始まり、徐々に生活もまた落ち着いてきました。
こうもちがうものかと、やはりそのギャップにちょっとびっくりするのです。

タイセイは、今、「女の子が鬱陶しい。」のだそうです。
「ああー、そういえば、男の子が鬱陶しかったこと、あったなあー。」と思いながら、
きっと女の子の方でも、同じだよなあ。これも成長か、と感じています。

そう、タイセイは私の一人目の子どもなので、
いつもいつも悩むのはタイセイのことなのです。
いろいろなトンネルを経験させてもらっています。
どうしてタイチのことは心配ないのか、とても不思議です。
本当に次から次へと母の心配をよそに、動き回るので、
私はその後から頭を下げて回っています。

「生命力が強い証拠」だとか、「主張が出来る」とか言ってくれる、
ありがたい人達もいるのですが、
母親の目線としては、先の方はまるで見えないという訳です。
それでも、前と比べたら、私自身も、とても落ち着いていられるようになった気がします。

本の中に答えはないと知りながら、
「コーチング」の本なんかを読み漁ったりしたのが良かったのかもしれません。
わりと色々、話をしてくれるタイセイ。
私や夫とタイセイの関係が大丈夫なら、大丈夫なのかもしれない、と思い始めています。
日々のこと comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>